STORY

第十一話

月下の惜別

STORY

郎千秋に鎏金宴の真実を知らせた花城を責める謝憐。しかし花城は謝憐の行動は間違っていないとはっきり告げる。謝憐に絶大の信頼を寄せ、ただ一人事件の真相を見抜いていた花城に対して、ついに謝憐は過去にどこかで会ったことがあるのではという疑問を口にするが…。