STORY

第十話

血塗られた宴

STORY

滅亡した仙楽国皇室の末裔・安楽は、永安国主から鎏金宴の手配を信任されていた。表向きは永安王族と良好な関係を築きつつ、腹に一物を抱えていた安楽の心の闇に付け入る戚容。宴の場に遅れてやってきた芳心国師こと謝憐は、そこで予期せぬ事態を目の当たりにし、ある決断を迫られることとなる…。